初診の方へ

初診の方へ

当クリニックでは、泌尿器科疾患、特に近年増加傾向にある前立腺疾患や女性の尿失禁等に対応すべく、さまざまな検査、治療を行っております。

初診当日は尿検査が必ず有りますので受診の際は尿をためてご来院下さいますようお願い致します。

診察対象となる症状

前立腺疾患
前立腺疾患の中で多いのが前立腺肥大症です。「尿がでにくい」「尿が近い」、「尿が我慢できない」「尿が残った感じがある」などの症状です。
前立腺癌
ここ数年の特徴として、無症状で発見される前立腺がんの患者さんが増え、約半数近くを占めます。PSAによって発見されるようになったためです。残りは、排尿に関連する症状が主で、症状だけからでは前立腺肥大症と区別がつきません。

したがって尿の出が悪い方は一度PSAの検査をされる事を勧めます。がんが進行しますと症状が出ます。膀胱にがんが浸潤した場合は、血尿や排尿の障害が強く出ます。骨に転移しますと、転移した部分が痛む場合があります。
尿失禁
「尿失禁」とは、自分の意志に反して、あるいは知らないうちに尿が漏れてしまうことです。

診察・検査の進め方

前立腺疾患の場合
超音波検査(エコ-)などで診断をつけます。治療はまず薬による内科治療から始めますが、手術が必要になる場合もあります。手術は勤務しておりました住吉市民病院や大阪市立大学病院、南大阪病院等と連携させていただいております。

参考記事:「前立腺のはたらきと病気
参考記事:「前立腺肥大症について
前立腺癌の場合
前立腺癌に対しては腫瘍マ-カ-(PSAなど)の採血および前立腺の組織採取で診断をつけます。治療は手術の他に患者さんの負担の少ない内分泌療法があります。

参考記事:「前立腺がんについて
尿失禁の場合
尿失禁は女性に多く、潜在的な患者さんを含めるとかなりの方がいらっしゃいます。尿失禁にはいろいろなタイプがあります。膀胱機能や括約筋機能を調べ(ウロダイナミクス検査)、また造影剤を用いた尿路のレントゲン造影検査を行って尿失禁のタイプを診断します。その上で薬を用いた治療や手術を行います。

参考記事:「尿失禁(尿もれ)について

他に血尿、蛋白尿に対する検査、性感染症(淋病、クラミジア尿道炎など)やED(勃起障害)に対する治療も行っておりますので、恥ずかしがらずにご相談ください。


ページ上部へ