亀頭包皮炎

亀頭包皮炎とは

亀頭包皮炎とはペニスの先端部分である亀頭から包皮(ペニスを包む部分)に炎症が起こる病気です。亀頭と包皮のどちらかに炎症が起こる場合もあり、それぞれ「亀頭炎」、「包皮炎」という呼び方をします。これらが同時に発症した場合が「亀頭包皮炎」です。

来院される患者さんには、「性感染症」にかかったと考えて来られる方が多いようですが、実際には子どもにも多い病気で、決して性行為だけに起因する病気ではありません。

亀頭包皮炎の原因

亀頭包皮炎の原因は感染性のものが圧倒的に多く、子どもの場合は皮ふに常在する細菌感染によるもの。成人では真菌(カビ)の一種であるカンジダによる感染が最も多く、細菌感染との混合も多く見られます。

感染の原因としては、

  • 不潔な状態
  • 性行為、自慰行為
  • 包茎
  • 洗いすぎ

などがありますが、特に「洗いすぎ」には注意が必要です。石けんやボディソープには細菌に対する殺菌効果はありますが、真菌(カビ)に対する殺菌効果はありません。

自然界では細菌と真菌はバランス良く共存しています。細菌だけ少なくなると、そのバランスが崩れ、真菌が増殖します。結果、真菌性の亀頭包皮炎の発症を誘発してしまいます。

また、糖尿病や自己免疫疾患などの基礎疾患のある方に多く、特に糖尿病の場合は、約30%に亀頭包皮炎の合併がみられたとの報告があり、注意が必要です。

亀頭包皮炎の症状と治療について

亀頭包皮炎の症状には以下の様な物が有ります。

  • 白いカスがでる
  • ペニスが赤くただれて痛い
  • ペニスがかゆい
  • ペニスの臭いがくさい
  • 膿みがでて下着が汚れる

亀頭包皮炎の診断はまず医師の視診で行われます。必要に応じて包皮の分泌物の細菌培養検査や尿検査などを行います。

亀頭包皮炎は発症初期にしっかりと治療しておくことが大切です。特にカンジダによる亀頭包皮炎治療に時間がかかる場合も少なくありませんので、根気強く治療していくことが重要です。

細菌性の亀頭包皮炎の治療は、抗生物質の内服薬や外用薬が用いられ、炎症の強い場合はステロイドの外用薬も併用します。 真菌性(カンジダ)の亀頭包皮炎には抗真菌薬の外用薬が用いられます。 細菌性と真菌性(カンジダ)が混合する亀頭包皮炎に対しては、病状や経過に併せて抗生物質と抗真菌剤が使用されます。

亀頭包皮炎の予防としては、ペニスを清潔に保ち、かつ過度に洗いすぎないことでしょう。また、包茎の人で炎症をくり返す場合は、包茎の手術も考慮されます。

亀頭包皮炎の放置はNG

亀頭包皮炎は適切な治療を受ければ必ず治ります。しかし途中で治療をやめてしまう人も多く、再発をくり返す人も少なくありません。

亀頭包皮炎を放置し、病気が進行、悪化すると尿道が狭くなり、排尿に支障をきたす場合があります。さらに特殊な病態である、閉塞性乾燥性亀頭炎や陰茎がんなどの外科的治療を必要とする深刻な疾患へ移行してしまう場合もあります。

もし、ご自身で亀頭包皮炎を疑われた場合には、積極的に泌尿器科を受診されることをおすすめします。

参考文献
1.田中一志ほか:亀頭包皮炎  臨泌67巻4号168-169 2013
2.根本 匂ほか:亀頭包皮炎  臨泌69巻4号65-66 2015
3.高橋康一 :閉塞性乾燥性亀頭炎 臨泌69巻4号67-70 2015
4.日本性感染症学会誌 性感染症診断・治療ガイドライン 2011


ページ上部へ