膀胱がんと血尿

膀胱がんと血尿

膀胱の内部は移行上皮におおわれており、膀胱がんのほとんどは、この移行上皮ががん化することによって発症します。膀胱がんは男性に多く、年間10万人中10人の発症率で、全人口の中でも70歳代の発症率が最も高いです。また喫煙者は非喫煙者と比べて発症率が高いです。特殊なものとしては、染料や化学物質を扱う労働者に多く発生する職業性膀胱腫瘍があります。

膀胱がんは表在性膀胱がん浸潤性膀胱がんに分類されます。

膀胱がんの種類

表在性膀胱がんは、膀胱がんの70%を占め、膀胱内腔で乳頭状(カリフラワーのような形をイメージして下さい)に成長します。膀胱壁(筋層)へ癌が広がっていない状態ですが、再発しやすいです。

他方、浸潤性膀胱がんはと言うと、その名の通り膀胱壁(筋層)に浸潤(癌が広がり)、進行も早く、早期にリンパ節や他の臓器にも転移を起こしやすいです。

表在性膀胱がんと浸潤性膀胱がん以外にも「上皮内がん」も有ります。特殊ながんで腫瘍の形態をとらないためCT等の画像診断で特定出来ないという特徴が有ります。上皮内がんは浸潤性がんに移行しやすいため一般的には浸潤性膀胱がんと同様のものとして捉えられます。

膀胱がんの症状

膀胱がんの症状で最も多く見られるのは、無症候性血尿と呼ばれる症状です。血尿と聞くと痛そうに感じますが無症候性血尿は痛みをほとんど感じません。特におしっこをした時に目視で血が混じっている事(肉眼的血尿と呼ぶ)を確認できる場合には膀胱がんの疑いが強くなります。

また肉眼では確認出来ませんが、顕微鏡で調べた場合に血が混じっている顕微鏡的血尿の場合も膀胱がんの可能性が有ります。その他、膀胱炎症状、排尿痛、頻尿や残尿感などが続く場合もあります。

膀胱がんの診断

膀胱がんの診断には、膀胱鏡検査を実施して、腫瘍の一部を生検し、病理学的な検知からがんと診断する必要が有ります。また、尿中のがん細胞を検出する尿細胞診も血尿の検査には不可欠です。

膀胱がんの局所のひろがりをチェックすることを目的として超音波検査、CT検査、MRI検査などを行います。また浸潤性がんの可能性が有る場合には、胸腹部CT検査、骨シンチグラフィーなどで他の臓器に転移していないかどうかも調べます。

膀胱がんの治療方法

表在性膀胱がんの治療は経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)を実施します。腫瘍の摘出手術をする前に腫瘍がどの程度あったのか、サイズはどれくらいだったのか、癌の悪性度はどれくらいだったのか、などを総合的に判断して抗がん剤を膀胱内部に注入するなどの補助療法も実施される事が有ります。

浸潤性膀胱がんの治療は膀胱を摘出した上で、以下の摘出・除去手術も追加されます。

男性の場合
前立腺、精嚢、骨盤内リンパ節、尿道(尿道は膀胱頸部や前立腺部もがんが出来ている場合)

女性の場合
尿道、支給、膣の一部

なお、膀胱を摘出すれば尿を溜めるものが無くなりますので、人工膀胱を造る手術、いわゆる尿路変更術もしなければなりません。また癌の程度を見ながら抗がん剤やBCGなどの薬物による治療も平行して行う場合が有ります。

膀胱がんは早期発見が治療の鍵です

膀胱がんは尿路(腎盂、尿管、膀胱)に発症するがんの中でもっとも死亡数が多く、7割以上を占めます。症状は既述のように血尿が多く、もっとも重要な症状です。

特に、痛みや頻尿などの症状が無いのに、尿に血が混じっている場合(色は赤色の他に茶色、黒色の場合も有ります)は、膀胱がんを始めとする尿路悪性腫瘍が出来ている可能性が有りますので、早期に病院で検査をしてもらう必要があります。

参考文献
1.日本泌尿器科学会:膀胱癌診療ガイドライン:2009
2.日本癌治療学会:がん診療ガイドライン、膀胱癌診療ガイドライン


ページ上部へ