膀胱炎の症状や治療方法

膀胱炎について

膀胱炎とは、その名の通り膀胱に炎症が起こり、それによってオシッコを溜める働きやオシッコを出すといった基本的な働きに問題が生じる病気の事です。急性膀胱炎慢性膀胱炎に分ける事が出来ます。

急性膀胱炎について

急性膀胱炎とは、大腸菌などの細菌が原因で起こる膀胱炎です。一般的に膀胱炎といえば、急性膀胱炎のことを指します。急性膀胱炎は、基礎疾患のない単純性がほとんどです。圧倒的に女性に多く、男性には稀な病気です。

なぜ急性膀胱炎は女性に多いのか

女性に多い理由は、女性の身体の構造が関係しています。つまり女性の尿道は3cm~5cmほどしかなく男性と比べると短い上に、細菌が生存している膣・肛門も尿道の出口に近いので、膀胱へ細菌が侵入しやすいのです。

ただ、膀胱内部に細菌の侵入を許したとしても絶対に膀胱炎になってしまうわけでは有りません。健康体の女性であれば抵抗力が有るので、排尿でこれらの細菌を外へ追い出す事が可能だからです。

ストレスや過労・疲労、風邪、ダイエットのやり過ぎによる体力不足、身体の冷えなどげ原因で抵抗力が落ち、細菌が繁殖、感染します。また、尿を我慢することは、膀胱内の細菌の繁殖を促します。


急性膀胱炎の症状や治療方法

急性膀胱炎の症状は、「尿が近い」、「排尿時、あるいは排尿後のひどい痛み」、「尿が濁る」、「血尿がでる」などがあります。通常発熱は起きないケースの方が多いので、仮に高熱が出た場合には、腎盂腎炎(じんうじんえん)などの病気が疑われます。

急性膀胱炎の治療には、抗生剤が処方され多くは数日の間、薬を飲めば治ります。

慢性膀胱炎について

慢性膀胱炎は、急性膀胱炎を繰り返して慢性移行してしまう場合と、何らかの基礎疾患を有する慢性複雑性膀胱炎とがあります。

膀胱の機能低下による、排尿障害を伴い、男性にも見られます。慢性複雑性膀胱炎の原因となる基礎疾患には、前立腺肥大症や尿道狭窄、膀胱腫瘍や膀胱結石、尿道カテーテルの長期留置による炎症などがあります。

慢性膀胱炎の症状や治療方法

慢性膀胱炎の症状は急性膀胱炎ほど強くありませんが、「尿がでにくい」、「尿が近い」、「尿がもれる」などの排尿症状を伴っている場合が多く、治療に時間がかかります。

慢性膀胱炎の治療は、細菌性の場合は急性膀胱炎と同じく、抗生剤が処方されますが、排尿障害を伴っている場合は、複数の薬が組み合わされ、治療されます。また基礎疾患がある場合、原因である基礎疾患の治療を行わないと、根本的な治療になりません。

薬の服用は、膀胱炎をしっかりと治すために、処方された分は続けることが大切です。また薬の服用とともに、水分を多くとり、尿を我慢せず、こまめにトイレに行き、身体を清潔に保ちます。そして、身体の抵抗力を落とさないために、身体を休めることも必要です。

参考文献
1.日本間質性膀胱炎研究会、ガイドライン作成委員会:間質性膀胱炎診療ガイドライン:2008
2.松本 哲朗:急性膀胱炎の患者さんへ、再発、再感染しないために:キョーリン製薬:2006


ページ上部へ