ED(勃起障害)の原因や治療薬について

ED(勃起障害)の基本

ED(Electile Dysfunction)とは、「勃起機能の低下」を意味し、「勃起障害」あるいは「勃起不全」と訳されます。言葉にしてみるともう完全に勃起する力が無いかのように見受けられますがそういう訳では有りません。

「勃起するまでに時間がかかる」、「勃起しても途中で萎えてしまう」、「満足のいく性交ができない」などと感じる人でもEDの可能性が有ります。

ED(勃起障害)へ注目が集まっています

近年特にEDに注目が集まってきていますが、その理由としては以前と比べるとやはり実際の患者数が増大してきていることが考えられます。

ED患者数が増加している要因としては「平均寿命の高齢化に伴い高齢者人口が増えていること」「多岐に渡る生活習慣病」「様々な環境の変化に基づく社会的ストレスの増大」などが挙げられます。

さらに、現代医学の進歩により以前と比べると効果的に治療が出来る手軽な飲み薬も登場するなど治りやすい病気となってきたことも注目が集まっている理由の一つです。

治療を受けることによる相乗効果も有り。

ED治療を受けることでその他の病気へも良い影響が現れることが分かったこともEDに注目が集まってきた要因と考えれます。例えば、高血圧や糖尿病、脳卒中・心臓病の後遺症のある人がEDの治療を受けて、症状が良くなったという例が有ります。

これにより「生きがい」であったり「人生の楽しみ」を再認識したり、夫婦関係が円満になったりするなど生活習慣病の治療への意欲も湧いてくるようです。他にもやストレス性のうつで悩んでいる人がED治療を受けて気分が良くなったという例も有ります。

日本のED患者数は推計で1130万人、40歳以上の男性に限定すれば3人に1人はED患者であると想定されていますが、やはり恥ずかしいからか実際にEDの治療を受けておられる方は実際の患者数と比べると少ないです。

ED治療でトップを走っている米国の数字と比較しても割合的に非常に少なく、日本人男性の多くが手が届く幸せを放棄しているとも言えます。

自分がEDか否かチェックする方法

「勃起するまでに時間がかかる」、「最近、性行為に自信がもてない」、「満足のいく性交ができない」、「勃起しない時もある」など、EDといっても感じる症状は人それぞれです。

このため、診察では勃起を維持する自信や性交の満足度など、国際勃起機能スコア(IIEFスコア、別紙参照)参考文献1)に基づく質問票からEDの重症度をチェックします(22~25点:正常、17~21点:軽症、12~16点:中等~軽症、8~11点:中等症、7点以下:重症)。

別紙(国際勃起機能スコア(IIEFスコア)はこちら
(クリックで別ウィンドウで表示されます)

また、勃起度の評価として、勃起の硬さスケール(EHS)があります。これは診察室にある模型の硬さを触ることで、自分の勃起度の評価を行います。EDの自己診断や治療の効果判定にも用いるツールの1つです。

ED(勃起障害)の原因

EDの原因の一つに加齢が有ります。確かに年をとっていけばいくほどED患者数の割合は高くなっていきますが、年齢だけがEDの原因では有りません。

「ストレス」「不規則な食生活」「運動不足」「喫煙」「過度なアルコール摂取」など毎日の生活習慣が原因でEDになってしまう事も多いです。また生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常etc)を患っている人は健康な人と比べてEDの発症リスクは高くなります。

なぜ生活習慣病はEDのリスクを高めるのか?

 

性的刺激を受けると脳から信号が発せられ、神経⇒陰茎へと伝達します。すると陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)の動脈が拡がりを見せてそこに血液が流れ込みます。これが正常な勃起のメカニズムです。

しかし動脈硬化等によって血管に問題が生じている場合には陰茎海綿体の動脈が十分に広がらないため、必要十分量の血液が流れ込まず、勃起しない場合や満足した勃起に繋がらないといった症状が出てきます。生活習慣病になると上記のような現象が生じるためEDになるリスクが高くなるわけです。


 

また上記で上げているEDの原因以外にも不安・緊張によるED、男性更年期におけるホルモン分泌の低下によるED、薬の副作用(抗不安剤、抗うつ剤など)によるEDなどもあります。

治療薬の種類と注意喚起

現在、日本では3種類のED治療薬(PDE5阻害薬)があり、それぞれに薬の成分量が異なるものが用意されています。EDを克服するポイントは陰茎の血流量であり、PDE5阻害薬は、陰茎の血管を拡張して海綿体の血流を増やすので、勃起を促進・維持する事が出来ます。

また、PDE5阻害薬には陰茎の血管障害の進行を食い止める働きも持っていますので、勃起促進・維持だけでなくEDの悪化を防ぐのにも寄与します。

薬の処方は医師が、患者本人のEDの症状や体の状態、本人のライフスタイルなどから総合的に判断して行います。治療の効果が出る確率は非常に高く、60代までに治療を受けた患者の約80%~90%、70代・80代のED患者の方でも約60%の方が治療に成功しています。

偽造品に要注意

 

最近、国内でPDE5阻害薬の偽造品が大量に摘発される事件があるようです。インターネットを介した販売では半分以上が偽造品だと判明しており(2009年製薬会社4社合同調査)参考文献2)、その服用による死亡事故も起きています。

決してネット販売ではなく、医師の処方を通じて正規品を服用してください。そうすれば、一般的には重い副作用の心配のない薬です。ただし、狭心症の薬との併用だけは危険ですので禁忌とされています。


EDはひじょうにデリケートな問題です。泌尿器科というと、行きづらいと感じるかもしれませんが、我々は患者さんのお気持ちへの配慮に努めております。症状でお悩みの方は、ぜひ迷わずにご相談ください。

当院におけるED診療及びED治療薬に関する詳細記事はこちら

参考文献
1.日本性機能学会、ED診療ガイドライン2012年版作成委員会:ED診療ガイドライン2012 , 104 , 2012
2.バイエル薬品:詳細ーpress Detailーインターネットで入手したED治療薬の約6割が偽造品
3.石井 延久:男性の気になる疾患、豊かなカップルライフのために:ファイザー製薬:2005
4.日本臨床内科医会:ED(勃起障害)Q&A:ファイザー製薬:2014
5.ファイザー製薬:EDの理解とバイアグラの適正使用|ED-info.net
6.EDネットクリニック:ED(勃起不全)とは


ページ上部へ