前立腺肥大症の原因や対策

前立腺肥大症の原因や対策

前立腺肥大は50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%、80歳で90%の確率で見られると言われており、年齢を重ねれば重ねるほど確率が高くなります。しかし、前立腺肥大が見られてもその全てで治療が求められるわけでは無く、前立腺肥大に加えて排尿トラブルが発生した場合には治療が必要となってきます。割合としては全体の1/4程度が要治療と判断されると言われています。

前立腺が肥大する原因

なぜ前立腺が肥大するのか?に関してはまだ完全に明らかにはされていませんが、「男性ホルモンの働き」が影響していることは間違いないです。年齢がすすんでくると男性ホルモンなどの性ホルモン環境に変化が生じ、前立腺を肥大させると言われています。

前立腺肥大症の症状

前立腺肥大症の症状には、

  • 排尿症状(「尿がでにくい」、「尿の勢いが弱い」、「尿をするときにお腹に力をいれなければならない」、「尿が途切れてしまう」)
  • 畜尿症状(「トイレが近い」、「夜間にトイレに行きたくなる」、「尿もれ」)
  • 排尿後症状(「すっきり感が得られない」、「残尿感」、「トイレが終わった後に、尿が漏れて下着が汚れる」)

などの症状があります。

国際前立腺症状スコア(I-PSSスコア)とQOLスコア

このような自覚症状を別紙の国際前立腺症状スコア(I-PSSスコア)1)とQOLスコア2)という症状質問表を用いて、患者さんが自分に当てはまるところに○をつけることにより、症状の程度をスコアで評価することができます。(I-PSSスコアでは0~7点軽症、8~19点中等症、20~35点重症、QOLスコアでは0~1点軽症、2~4点中等症、5~6点重症)

別紙(国際前立腺症状スコア(I-PSSスコア)とQOLスコア)

クリックで別タブで表示されます。

検査方法

前立腺肥大症の検査としては前立腺の大きさや、形、残尿量などを調べるために肛門から指で前立腺を触診する直腸診や超音波(エコー)検査、尿の勢いや排尿量、排尿時間を調べる尿流測定、がんの鑑別に必要な血液(PSA)検査などがあります。

治療方法

前立腺肥大症治療は基本的に薬物療法から始まり、その症状の程度・前立腺の大きさ(30mlが基準)などによって複数のお薬を併用して治療にあたる事も有ります。また薬物療法で効果が見られない場合や症状が重い場合には内視鏡手術などの手術療法が取られることも有ります。

日常で出来る対策

前立腺肥大症は日常生活に少し気をつければ、症状が軽くなることが有ります。以下の様な事に気をつけてみましょう。

  • 散歩や体操など適度に体を動かす
  • 水分の摂り過ぎに注意し、適度にとる
  • 便秘にならないよう気をつける
  • 下半身を冷やさないようにする
  • 尿を我慢しないようにする
  • アルコールはほどほどにする
  • 刺激物は極力避ける
  • 長時間座った姿勢をとらない(車や自転車などで同じ姿勢をとらなければいけない場合でも適度に休憩を入れるなど)

日頃から排尿状態を悪化させない生活習慣を心がけましょう。

参考文献
1.日本泌尿器科学会:前立腺肥大症診療ガイドライン2011:32-33 , 2011
2.日本泌尿器科学会:前立腺肥大症診療ガイドライン2011:32-33 , 2011
3.日本排尿機能学会、男性下部尿路症状診療ガイドライン作成委員会:男性下部尿路症状診療ガイドライン2008
4.旭化成ファーマ:前立腺肥大症の原因と症状


ページ上部へ