急性陰嚢(いんのう)症の種類と対策

急性陰嚢(いんのう)症とは

急性陰嚢(いんのう)症とは、「陰嚢内容の急激な疼痛を伴う腫脹をきたす疾患の総称」と定義されています。簡単にいうと、陰嚢の中の臓器{精巣(睾丸)もしくはその付属器}が痛くて腫れてくる病気を指します。

代表的な病気に精巣捻転(せいそうねんてん)、精巣上体炎(副睾丸炎)、精巣付属器{精巣垂(せいそうすい)や精巣上体垂(せいそうじょうたいすい)など}の捻転および精巣炎などがあります。上記で紹介した病気は前触れもなく急に発症するため急性陰嚢症と呼ばれます。

精巣捻転とは

精巣捻転とは、精巣が精巣と繋がっている精索(せいさく)を軸として捻れることにより血管を締め付けて、結果として精巣を壊死(えし)させてしまう病気(図1参照)のことを言います。

図1
精巣捻転

発症の多くは思春期前後の青少年で、就寝中に症状が出てくることが多いです。発症すると陰嚢部が激しい痛みに襲われて、時間が経過するとともに陰嚢部が腫れてきます。

更に陰嚢の痛みだけでなく吐き気や嘔吐の症状も同時に出てくる事が有るので、まだ自分の症状を的確に医師に伝えられないような年少児の場合には「お腹が痛い」としか説明できず、精巣捻転が見落とされてしまう事も有ります。

しかし、この病気は非常に急速に進行しますので発症してから大体6時間~12時間の間に止まってしまった血液の流れを元に戻してあげないと、精巣が壊死してしまいます。そのため保護者の側でも精巣捻転の知識が求められます。

治療方法

精巣捻転か否かの判断はドップラー超音波検査(ドップラーエコー検査)によって精巣への血液の流入が低下していないかをチェックすることによって行われます。超音波検査によっても他の急性陰嚢症との鑑別が確定出来ない場合には、精巣捻転には一刻も早い対処が必要であることから緊急手術を勧められます。

手術は捻れてしまった精索を元の状態に戻して血液の流れを回復させるとともに、再発しないように精巣を陰嚢内で固定させます(精巣固定術)。緊急手術を行った場合でも既に手遅れの場合が有りますがこの場合には、精巣を摘出し、残った健康な側の精巣に関して同じようなことが起こらないように一緒に固定することが多いです。

精巣上体炎(副睾丸炎)とは

精巣上体炎(副睾丸炎)は、精巣の横にある精巣上体(副睾丸)に炎症が起こり腫れることを言います。睾丸の腫れを理由として診察を受けに来られる人も多いですが、一応の目安として精巣の横に硬いしこりが確認されれば精巣上体炎(副睾丸炎)である可能性のほうが高いです。

ドップラー超音波検査をすると血液の流れが多くなり精巣上体が腫れて大きくなっていることを確認できます。この場合、精巣は正常です。

成人男性の場合は尿道等の細菌感染が精巣上体まで及んだ時に発症し、痛みのほか、発熱も生じます。また特段痛みや発熱などの症状が出ていないのに精巣横にしこりが認められる場合には結核性の病気である可能性が有りますし、陰嚢内にしこりが出来ているのに症状が出ない場合は精巣がんの可能性も有るので早期に受診する必要があるでしょう。治療は抗生剤を投与して感染症が完治するまで行います。

なお、精巣上体炎は小児でもなる事が有り、疑いがある場合には緊急手術との兼ね合いも有りますので疾患の特定が非常に重要になってきます。小児の精巣上体炎の原因は尿経路の感染症ではなく、原因が特定出来ないものが多いです。

精巣付属器捻転とは

精巣付属器捻転{精巣垂捻転(図2右参照)2}、精巣上体垂捻転(図2左参照)2)}は、精巣や精巣上体にある2~3mmの突起がねじれて痛みの原因となります。

図2
捻転

これらは、精巣捻転と違って手術の必要はありませんが、精巣捻転との鑑別は重要です。ここでもドップラー超音波検査が有用で、精巣や精巣上体の形態、血流は正常であるものの、精巣や精巣上体にある小さなな突起にねじれが見られます。

精巣炎とは

精巣炎はおたふく風邪(正式には流行性耳下腺炎)と一緒に発症するものが代表的で、思春期以降におたふく風邪になると約20%の確率で精巣炎も発症します。症状としてはおたふく風邪以降3日~5日目くらいに精巣が腫れて痛みを感じるようになります。精子形成障害も引き起こす可能性が有るので注意が必要な病気です。


以上のように急性陰嚢症には色々な病気が有りますが最も気をつける必要があるのは緊急手術の可能性もある精巣捻転か否かを正確に判断することです。年齢が若くても場所が場所ですので恥ずかしがって親にも言えない子供もいますから親がこのような病気があるということを認識して、お子さんにも伝えておく必要があると思います。

参考文献
1.佃 文夫:精巣捻転.泌尿器ケア. Vol . 19 ; 59図1 , 2014
2.佃 文夫:精巣捻転.泌尿器ケア. Vol . 19 ; 60図2右、左 , 2014
3.西村 憲二ほか、急性陰嚢症50例の臨床的検討 . 泌尿紀要 . 42 ; 723-727 , 1996
4.日本泌尿器科学会:陰嚢内が痛い
5.南里 正晴ほか、精索捻転を疑い手術を行なった急性陰嚢症39例の臨床的検討 . 日本小児泌尿器科学会誌 , vol . 13 , no2 , 2005


ページ上部へ